お問い合わせお問い合わせ

  • HOME
  • >杜のぶろぐ
  • 木の家に住もう! 木のぬくもりには様々は効果があります☆

杜のぶろぐMorino blog杜のぶろぐMorino blog

木の家に住もう! 木のぬくもりには様々は効果があります☆

私たちが家づくりにおいて大切にしているのが「健築」という言葉。
杜が生き物たちの健やかな生命を育む棲家であるのと同じように、家もまた人の生命を輝かせる空間であるべきと考えています。

 

たなべの杜では、長年自社で山を管理してきた経験から、上質な無垢材を使用した住まいをご提案しています。
今日は、「木」がなぜ良いのか、科学的に研究し発表されている慶應義塾大学の伊香賀教授の発表をご紹介します。

家の中の木質化で睡眠効率と作業効率がアップ!

下の表は家の木質化率で熟睡時間と学習成績を比べたものです。

 

睡眠は知的生産性に大きく影響していて、良質な睡眠(熟睡時間が長い)を取ると授業や仕事に集中でき、学業や業務の生産効率が上がります。
研究では建物の内装の木質化50%くらいで一番数値が高く、漆喰や珪藻土などの自然素材を使うことでさらに高い睡眠効果や作業効率になるそうです。

木の香りや温かな質感がストレスを和らげ、リラックス効果を導いたと考えられます。
また、木の持つ優れた調湿作用で室内を快適に保つことも良い結果を生み出すでしょう(・・・・と伊香賀先生。)

 

木の家は満足度が高く、ストレスフリーな健康住宅!

下の表は木質内装が住む人の心理や生理、健康に与える影響を表したものです。

 

非木質内装  < 非無垢(集成材など)< 本物の無垢材 の順に内観や香りの好ましさが増し、ストレスを感じる頻度が減少していることが分かります。
そしてその蓄積によって風邪をひく頻度が減少しているという調査結果になりました。
単に木質の材料ではなく、無垢材の方が高い傾向が見られます。(・・・・と伊香賀先生。)

思わず寝転びたくなる、素足で歩きたくなる無垢のフローリング。

使い込むほどに味わいが増し、大切に使う心を育む造作家具や建具。

みなさんも日々の暮らしに「木」のぬくもりを取り入れてみませんか (*^^*)

 

*********************************************

<杜に還る住まい/たなべの杜>

たなべの杜は、いのちの棲み家としての尊い住まいづくりを大切にしています。
無垢の木材をふんだんに使った優しい住まい。 https://www.tanabenomori.com/house/
環境とからだに優しい光冷暖システム。 https://www.tanabenomori.com/house/hikarireidan.html
住まいの空間を演出するお庭づくり。 https://www.tanabenomori.com/house/garden.html

たなべの杜の展示場 https://www.tanabenomori.com/showroom/

*********************************************

戻る

ご見学いただける物件はこちらご見学いただける物件はこちら